--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-16(Sun)

ブラジル戦

久しぶりにサッカーの話題でもしましょう

深夜に行われたコンフェデ杯・Aグループ初戦
日本対ブラジル。週末ということもあってTVをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

先日W杯の出場を決めた勢いもあって期待しながら見ている人も多かったでしょう


しかしながら結果は0-3の完敗

内容としてもあまりよくないものでした。
まずは日本のストロングポイントがほとんど見られなかったこと
最近は個の力での打開!というのを本田選手がテーマに掲げていますが、
これは日本のコンビネーションによる崩し、DFでの組織的な守備ができて初めて成り立つものです。
ロングフライトでのコンディションの低下は間違いなくあったでしょう。
しかし、ある時間帯では、チームとして集中して良さを見せてほしかった。
0-3という結果自体よりもそこが残念だったなぁ、と感じてます。

”早さ”で翻弄したい日本が”速さ”で翻弄されていた。
開始早々の失点。ボールスピードの速さにDFラインがそろっている中での失点。
ファーサイドに高速でのライナーを絡めてくるというのは日本サッカーではあまり見られない展開。
1,2点目は同じように速いファーサイドへのクロスからやられている。

フィジカル的な速さで劣る日本はチームとしての早さを高めるのが武器のはず。
意識の共有の高さとフォロー・動きだしの早さと連動。
最初にも書きましたが機敏に細かく動き相手を翻弄する
日本のサッカーができていなかったのが残念でした。
出鼻をくじかれたことでの焦りが出たのもあったと思います。
そんなときにどう立て直す必要があるのかも一つの課題でしょうか。

試合後、セルシオ氏がサッカー雑誌にてこのようなコメントを残しています。
(*極々一部を抜粋。全部を見たい人は買ってねw)

”こんな試合をしたら、徹底的に叩かれるようじゃないと、これから先伸びていかないし、ブラジルには永遠に追いつけない。だから僕は文句を言うよ。選手もマスコミもファンも、目を覚まして、もう一度足元を見つめ直すべきだ”

最後の最後、Wカップという舞台で結果を残してもらえるように、これから1年、しっかりと課題をクリアして行ってほしいです。いろいろ書きましたが、私は日本サッカーを応援しています。
頑張れ!ニッポン!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

モグリ

Author:モグリ
ブラウザ一騎当千 1+2鯖 で活動しています
ブラウザMC☆あくしず 1鯖も始めました

来場者
最新記事
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。